So-net無料ブログ作成

塩村文夏都議へのセクハラやじ問題が悲しい。 [政治・経済・ビジネス]

東京都議会の本会議でのセクハラやじ問題について、今世間で色々と騒がれてますが
私はこのニュースを聞いた時、怒りを覚えると同時に、涙が出るくらい悲しくなりました。

スポンサーリンク




「早く結婚した方がいいんじゃないか!」「産めないのか?」

6月18日の東京都議会で一般質問に立ち、妊娠、出産、不妊に悩む女性への支援の
必要性を訴えたみんなの党の塩村文夏(あやか)議員に対し、議場からこのような極めてひどいヤジが飛びました。

この発言は世界中で波紋を広げています。

shiomura.jpeg
出典:公式Twitter
塩村あやか(みんなの党 東京都議会議員)
https://twitter.com/shiomura

都議会自民党は23日に記者会見し、やじを飛ばしたのは同党の鈴木章浩議員だったと
明らかにしました。

鈴木章浩議員は6月23日、記者会見で「配慮が足りなかった」と謝罪しました。
一方で鈴木章浩議員は「産めないのか」との発言は否定しています。
どうも複数人の議員から飛んだやじのようです。

この件について、都議会に市民から1,000件を超える批判が殺到しており、ネット上の
署名サイト「Change.org」では、差別発言をした自民党議会議員を特定し、厳正に
処分するように求める著名運動が行われ、23日時点で75,000名を超える賛同者が集まったそうです。

それにしても、妊娠、出産、不妊など少子化問題に真剣に考え、改善に向けて
議論しようとしている人に対し、よくもそんな発言ができるなと思いました。
本当に不妊で悩んでいる女性を前にしてもそんなひどい事を言うのでしょうか?
もう怒りを通り越して悲しい限りです。

この発言は、女性に対して未だに保守的で古い考え方をする男性政治家等の本音ではないでしょうか?
どうして権力を持っている方々は変わらないのでしょうか?
根本的な問題はその考え方にあるのではないかと思うのです。


塩村議員が過去に「恋のから騒ぎ」に出ていた過去がある点について、色々と
取り上げられていますが、これはそんな次元の話ではなく、公の場である都議会で
セクハラを受けたという極めて侮辱的な発言であり、また不妊で悩んでいる
多くの女性に対して投げかけられた差別的発言になるということです。

このヤジとしてその言葉を放った意味はいったい何なのでしょうか?
私には何がしたかったのか意味が分かりません。
こういう会議の場で喧嘩しても何も良いことはないのですが、その場で聞いていたはずの議長は、
いったい何をしていたのでしょうか?
黙って見過ごしたのでしょうか?
なぜ、国会の場でこのようなやじが常態化して今まで許されてきているのかが分からないのです。

鈴木章浩議員は当初、発言は自分ではないと話していましたが、声紋分析や
声紋鑑定を実施する話が持ち上がるや否や、虚偽の内容を説明していたことを認め、
謝罪会見を行いました。


出典:ANNnewsCH セクハラやじ発言で鈴木都議が塩村都議に直接謝罪(14/06/23)

報道機関の取材では「議員辞職に値する」旨の発言もしていましたが、会見では
「今後も頑張らせて頂きたい」を連発していました。
6月23日に会見を開き、配慮が足りなかったと、塩村文夏都議に謝罪しました。

自民党の会派離脱はしましたが、議員職は続けたい、原点に帰ってやっていきたいと述べました。

こういった謝罪会見を聞くといつも思うのですが、話に具体性が感じられません。
今後、どのようにして、都議会正常化や少子化問題を改善していくつもりなのでしょうか?

謝罪会見の場で発言したのなら、都議会正常化や少子化問題の改善に向けて、
尽力し、ゆるぎない信念で変えていっていただきたい。
大人が責任を取るというのはそういうことだと思います。

スポンサーリンク








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
So-net無料ブログ作成