So-net無料ブログ作成

『号泣議員』野々村竜太郎氏の号泣会見が悲しい。 [政治・経済・ビジネス]

兵庫県議会の野々村竜太郎議員が、政務活動費約300万円の不正使用疑惑受けて
7月1日に釈明会見を行いましたが、その内容があまりにもひどい!と話題になっています。

スポンサーリンク




事の発端は、領収書のない日帰り出張を195回も繰り返していたというもので、
交通費として約300万円も支出していたことが分かっています。

会見でこの支出は政治活動の結果と述べ、「常識から外れたとすれば返納も検討する」と
発言をしましたが、詳細については明らかにしませんでした。

セクハラヤジの方といい、悲しいことに最近は議員の方のひどい記者会見が
続いてますね。

野々村議員は記者からの質問に対し、世の中を変えたいだのその一心でやっと議員になったのだの
言い訳を泣き叫びながらも、質問には正確に答えていません。

会社にもたまにいますよね。
YESかNOの質問に対して、3択目の回答をする方。
結局、答えはどっちだったのか分かりません。

謝罪の言葉はありませんでしが、これらが正当なものであったのなら、195回の出張を
どのような目的で実施し、どのような成果をもたらしたのかを具体的に説明していただきたいです。

もしも、国民が必死に納めている税金を横領していた、ということであれば、
それは許されることではありません。
またそんな不正使用が簡単にできてしまう経理、会計処理にも大きな問題があると思います。

この件について、県議会は各会派の代表者会議を7日に開き、
対応について協議する方針を決めたとのことです。

海外メディアにも「フルスロットル謝罪」と揶揄されて取り上げられていますが、
セクハラヤジ問題のようにうやむやにしてほしくないですね。
しっかり調査し、然るべき対応を取っていただきたいと思います。


この記者会見の映像は、子どもたちには見せたくないですね。。。
でもやっぱり、現実にはこういう議員も存在している
ということをちゃんと伝えなければいけないのですね。。。


野々村議員には、日本を、世の中を本気で変えたいと思われるなら
まずは自分の態度から改めていただきたいと思います。

会見の場では泣き叫ぶのではなく、冷静に回答し、悪い点があったのであれば素直に謝罪する。
当たり前の行動ですが、議員という立場を弁え、大人として、大人な対応
臨んでいただきたいと思います。

スポンサーリンク








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
So-net無料ブログ作成