So-net無料ブログ作成

ブラジルvsオランダW杯3位決定戦はオランダが勝利し、今大会7戦無敗で終了! [スポーツ]

サッカーワールドカップブラジル大会は7月12日(日本時間13日)、
3位決定戦のブラジルvsオランダ戦が行われ、
3 - 0でオランダが快勝し、初の3位となりました。

これにより、FIFAランキング15位のオランダが同ランク3位と格上のブラジルを下したことになります。
オランダは引き分け扱いのPK戦負けを含めて、今大会を7戦無敗で終了しました。

ブラジルはベスト4まで進出するも、そこから2連敗し、2試合で屈辱の10失点を喫しました。
64年ぶり母国開催で優勝候補筆頭として臨んだワールドカップでしたが、4位の成績で
無念に終わりました。

Nederland.jpg
出典:Getty Images

スポンサーリンク



試合展開


試合は開始からわずか3分、オランダはロッベンのドリブル突破をブラジルDFチアゴ・シウバが
ファールし、PK判定。
これをファン・ペルシーが固く決めてオランダが1点を先制しました。

キャプテンのチアゴ・シウバは故意的なファールとしてイエローカードを取られましたが、
相手はあのロッベン。
強豪スペインをも粉砕した超強力なドリブラーです。

超高速なドリブルから繰り出される攻撃にスペインもやられましたので、ファールで止めるのは
致し方ないかもしれませんが、復帰初戦のチアゴ・シウバがあっけなく抜かれてしまったことと、
誰がみても故意的なファールが痛かったです。。

そしてこのオランダの先制点が準決勝の大敗のショックから立ち直れていないであろう
ブラジルナインに対し、負けの2文字を連想させてしまったように思います。

試合においてメンタル面は非常に重要です。
この後のブラジルのプレーからは明らかに『焦り』を感じました。


オランダは前半17分に、右サイドからのクロスをダレイ・ブリントが合わせて追加点を決めると、
後半もオランダのペースで試合を進めました。

途中、ブラジル側にも何度かシュートチャンスが訪れましたが、あと一歩のところで決めきれず、
チャンスを逃してばかりの歯がゆい展開。

対して、オランダは高い守備力からのカウンターと良いパスワークの理想の攻撃形で
終了間際にもジョルジニオ・ワイナルドゥムがダメ押しの3点目を決め、初の3位に輝きました。

ブラジルの敗因は?


今大会が悲願だった地元での開催ということもあり、ブラジル代表のメンバーには
過度な重圧があったと思います。

勝たねばならない、目指すは優勝という期待は国民からだけでなく、スポンサーやテレビ局からも
プレッシャーをかけられ、若い代表メンバーは大きな責任感恐怖感
感じていたと思います。

そんな中で起きたドイツ戦の大量失点での惨敗により、メンタル面で崩壊したのだと思います。


またネイマールに頼り過ぎと言われているのも事実あると思います。
途中、幾度と無く訪れた好機にも噛み合わず、決定力に欠けたプレーでした。
反対にオランダ側はチャンスが来たときには、落ち着いたプレーで確実に決めてきました。

やはりチャンスが巡ってきた時に決められるかどうか?が、
世界に行けるかどうか?のポイントなのだと思います。


本当の意味でのいいチームプレイというのは、ネイマールの能力を
最大限生かせるようなアシストをすることだったり、
ゲームメイキングをすることだと思います。

相手チームのサイドラインあたりでネイマールにパスして終わり(任せる)ではなくて、
時には他の選手が決めるといったプレーが必要だと思うのです。

本当に強いチームは調子が悪かったとしても、メンバー間で補い合うことができる、
勝つための術を持っているものだと思います。


そんなブラジル代表のもどかしいプレーと惨敗という結果に試合終了後、
会場のサポーターからブーイングが起こりました。

前回のドイツ戦の後もブラジルで暴動が起きていますので、今試合後も同様のことが心配されています。
ベンチから応援していたネイマールも悲しそうな表情を浮かべていました。


試合後、チームに大きく貢献し、この試合の最優秀選手にも選ばれたロッベンは、
決勝に進めなかった失望感はこの3位で少しは和らいだ」と悔しさを噛み締めながらも、
今日は本当に空っぽになるまで全力を出し切った。
みんなの頑張りや国民の支えもあり、3位という結果は我々にふさわしい」と笑顔で締めくくりました。


またブラジルの主将チアゴ・シウバは、
こんな結果になるとは思っていなかった。これがサッカーというものだが国民に謝りたい。
優勝を夢見ていたが、こういう形で終わり、我々は失望しているし、とても悲しい」とコメントしました。


どちらのチームも全力で闘った結果であり、学ぶところ、改善しなければいけないところは
双方あると思います。

今大会で素晴らしいプレーを魅せてくれた両チーム代表に、お疲れ様でしたと言いたいです。

スポンサーリンク








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
So-net無料ブログ作成