So-net無料ブログ作成

これぞリアルウルトラマン!突如公開された超絶すごすぎる動画がハリウッド映画化の予告かと話題に!円谷プロ公式動画はこちら! [映画・音楽・アニメ]

渋谷の街に超巨大怪獣が突如出現?!
迎え撃つウルトラマンが超絶リアル&特撮CGでハリウッドを超える?!

ULTRAMAN11.png


スポンサーリンク



これぞリアルウルトラマン!突如公開された超絶すごすぎる動画がハリウッド映画化の予告かと話題に!円谷プロ公式動画はこちら!


円谷プロから突如公開された超絶すごすぎるウルトラマン動画がハリウッド映画化の予告かと話題になっています!


こちらは、YouTubeの円谷プロダクション公式チャンネル「ウルトラチャンネル」にて、何の前触れもなく公開された動画なのですが、そのクオリティが超絶すごすぎなのです!!
ULTRAMAN23.png



「ULTRAMAN_n/a」というタイトルが付けられた今回のムービーは、2分45秒という短時間の中に、これまでのウルトラマンを軽く覆すほどクオリティで描かれており、ハリウッド実写映画化されたと聞いても、素直に信じてしまうくらいのクオリティになっています。


ULTRAMAN1.png



一見いつもと変わらないのどかな渋谷の街。
ULTRAMAN2.png
ULTRAMAN3.png



ハチ公前に置かれた缶ジュースの空き缶が、突如、謎の振動によって倒れ落ちます。
ULTRAMAN4.png



ようやく異変に気付いて逃げ出す人々。
ULTRAMAN5.png



スクランブル交差点の地中から姿を現した大怪獣は、地下鉄を咥えて振り回し、大暴れを開始!
ULTRAMAN6.png

なにこれ?ハリウッド映画予告みたいじゃん!



IN A TIME OF DESTRUCTION(破壊の刻)」という字幕が表示され、静かにウルトラマンが降り立ちます。
ULTRAMAN7.png
ULTRAMAN8.png



しなやかな筋肉。逆説エヴァンゲリオンのように描かれるウルトラマンは、リアルそのもの!!
ULTRAMAN9.png
ULTRAMAN10.png



こう見ても大怪獣はデカいっすね!(ってか、マジ怖い。。)
ULTRAMAN12.png
ULTRAMAN13.png



咆哮し、突進してくる大怪獣のスキをついて、すさまじい破壊力の蹴りを食らわせるウルトラマン。
大地も空気も全てが振動する表現がリアルです!!
ULTRAMAN14.png




その攻撃をもろともせず。角を振り下ろしてくる大怪獣!ウルトラマンはすかさず、真正面からと受け止めます。
ULTRAMAN15.png



が!大怪獣の角が緑色に発光?!ジュジューッと焼けるように熱くなり、追い詰められます。
ULTRAMAN16.png



すんでのところで、跳ね返すも、自身も吹っ飛ばされます。
ULTRAMAN17.png




THE ULTIMATE BATTLE BEGINS(究極の戦いが始まる)
ULTRAMAN18.png


ひるむことなくウルトラマンは大怪獣の懐へ一気に潜り込み、そのままなんと!豪快に背負い投げをキメます!
ULTRAMAN19.png
ULTRAMAN20.png
ULTRAMAN21.png



そして意味深に表示される「7.7」。
ULTRAMAN22.png


この数字は、一体何を意味するのか…?


▼▼▼その超絶すごすぎるウルトラマンの円谷プロ公式動画をご覧ください!!

出典:tsuburaya ULTRAMAN_n/a



いかがでしたか?


いや~、このウルトラマンの映像美はすごすぎますね!

今までのウルトラマンを遥かに超えるクオリティに、

うおおっ!凄いリアル!
この生々しさはたまらない!
こういうのをウルトラマンに求めてたんだよ!

と、新たなウルトラマンに期待を寄せて絶賛する人々からののコメントが相次いでいます!



この動画について、円谷プロに質問をぶつけてみた回答によると、

現時点では情報は非公開となっており、詳しいことはお答えできない

と前置きした上で、公開した動画はファンに楽しんでもらうために製作したショートムービーである、と説明されたそうです。



また、動画の最後に表示される「7.7」の意味については、創業者・円谷英二の誕生日との説明だったそうですが、動画の舞台が円谷プロのある渋谷であることから、「7月7日に新プロジェクトが始動した」という暗示とも考えられます。


来年2016年は、円谷英二生誕115周年にあたり、さらに初代「ウルトラマン」が放送開始されてから、50周年にもあたります。


その記念すべき2016年7月7日に、特撮&CGでリメイクされた全く新しいウルトラマンが劇場公開!?という可能性も十分に有り得ます!



以前から、CM程度の十数秒間のCGであれば、日本の技術もかなりのもので、制作もできるくらいのレベルになっているそうですが、長編作品となると、そうはいかないようです。


それは技術的にも資金的にも、海の向こうには追いつけず、厳しいレベルなのだそうですが、だからこそ、この新ウルトラマンが長編作品で制作されるなら、実写のドラマのパート+CGの巨大特撮パートという新しい形の特撮作品が出来上がるかもしれません!



現時点では、どの情報も憶測の域を越えず、真相は謎のままになっていますが、に日本の特撮&CGアニメーションの進化を期待をしつつ、円谷プロの続報に期待したいですね!!




P.S.
▼動画の中に登場する大怪獣は、ウルトラマンの中で登場した「変身怪獣 ザラガス」をモチーフにしたオリジナルキャラクターとのことです。
ザラガスは、攻撃を受けると体質を変化させて強くなるという特徴をがあり、体の突起から放つ強力な閃光が武器となっています。
現時点ではこの映像が、予告編かどうかも分からない状況ですが、ぜひとも続きが見たいですね!



▼こちらは、新作『ウルトラマンX』の予告編です。
が、先ほどの超絶リアルウルトラマン比べてしまうと、やっぱり・・・迫力が今一つですね。。。

出典:tsuburaya 『ウルトラマンX』第1話 「星空の声」次回予告 (新ウルトラマン列伝 第106話 次回予告)


▼第2話では、ウルトラマンXに、何やらゴテゴテと武器が色々付いちゃってますww

出典:tsuburaya 『ウルトラマンX』第2話 「可能性のかたまり」次回予告 (新ウルトラマン列伝 第107話 次回予告)


スポンサーリンク




人気記事












































nice!(17)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 17

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
So-net無料ブログ作成