So-net無料ブログ作成

もしもマリオが車椅子になってしまったら…。衝撃のオチに深く考えさせられる。動画なこちら! [ニュース]

マリオがジャンプから着地に失敗して車椅子生活に?!
バリアフリーを訴える動画が話題!!

NotSoSuperMario04.JPG


スポンサーリンク



もしもマリオが車椅子になってしまったら…。衝撃のオチに深く考えさせられる。動画なこちら!


もしもマリオが車椅子になってしまったら…という動画が深く考えさせられると話題になっています!


こちらはイスラエルのウェブサイト「nana10」のFacebookにて公開された動画なのですが、その衝撃的な内容が話題となり、瞬く間に大反響を呼んでいます。


『Not So Super Mario』というタイトルの動画は、任天堂の名作ゲームとして懐かしい『スーパーマリオブラザーズ』のステージ1-1 がスタートするところから始まります。
NotSoSuperMario14.JPG




おなじみのステージで、勢いよくBダッシュするマリオでしたが、なんとジャンプの着地に失敗し、大怪我を負ってしまいます。
NotSoSuperMario02.JPG




救急車も登場して治療を受けるマリオでしたが、相当打ち所が悪かったらしく、車椅子での生活に。。
NotSoSuperMario03.JPG
NotSoSuperMario04.JPG




次のシーンでは、マリオが車椅子に座った状態でステージクリアに挑むのですが、いつものように華麗なジャンプで土管(ドカン)を跳び越えられず衝突音がむなしく響くのみ。。。

そして終いには泣き出してしまいます。
NotSoSuperMario05.JPG



そんな兄の姿を見かねたルイージがあることを思いつくのですが、はたしてその名案とは???



▼▼▼続きはぜひ、動画でご覧ください!!

出典:Not So Super Mario



いかがでしたか?


いや~、この動画はいろいろ深く考えさせられますね。


車椅子生活となってしまったマリオが土管の段差を乗り越えられないシーンは、車椅子のリアルな現状を映し出しています。
NotSoSuperMario15.JPG


自由の利かない車椅子生活者にとって、数cm程度の少しの段差や取り回しのきかない狭さなどは、とても重要で天敵だといわれています。



そして、弟のルイージが思いついた名案で、見事バリアフリー化を図るのですが、ラストシーンのオチが衝撃的すぎます。。
NotSoSuperMario06.JPG
NotSoSuperMario07.JPG
NotSoSuperMario17.JPG
NotSoSuperMario08.JPG
NotSoSuperMario10.JPG
NotSoSuperMario12.JPG


これは、もしもすべてのステージにバリアフリー化がされていなかったら、マリオはこうなってしまう…ということを訴えているんですね。



そしてこの動画の後半には、バリアフリー化を訴えるメッセージが表示されます。

「もう80年代ではありません。全ての人が利用可能な社会へ」
NotSoSuperMario09.JPG
NotSoSuperMario11.JPG



これは、スーパーマリオブラザーズが作られた1980年代からバリアフリー化が進んでいない現代社会に対しての皮肉の意味が込められているようです。


ただ単に、バリアフリー化を訴えるのではなく、こんな斬新な切り口で主張するところはセンスの高さが感じられますね。



最後はショッキングなシーンが流れる本動画ですが、皆様はどう感じられましたでしょうか?

NotSoSuperMario16.JPG


現代社会は、やはり障害を負った方に対してもより良い生活ができるような住みやすい社会を作っていく必要があると思います。


スポンサーリンク







P.S.
今ではインターネットが普及したおかけで、YouTubeなどに手軽に動画をアップロードし、色々なメッセージを世界に向けて発信できるようになりました。
こういったメリットはうまく生かしていきたいものですね。

NotSoSuperMario13.JPG


スポンサーリンク








人気記事



























よく読まれている記事
















nice!(16)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 16

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
So-net無料ブログ作成