So-net無料ブログ作成

小栗旬が三井住友カードCMに出演!Thinking Manのお金の話に考えさせられる。 [TV・芸能・ドラマ]

三井住友カードCMの新バージョンが公開!
小栗旬が語るお金の話が深すぎる!

mitsui16.JPG


スポンサーリンク



小栗旬が三井住友カードCMに出演!Thinking Manのお金の話に考えさせられる。



本日ご紹介するのは三井住友カードの新CMです。

mitsui07.JPG


こちらは新CMには俳優の小栗旬さんが出演しているのですが、Thinking Manとして語るお金の話が深すぎるのです。


新CM「Thinking Man」篇では、バーにやってきた小栗旬さんが友人役の松尾諭さんとバーカウンターに座って、
mitsui01.JPG



「ちょっといいか?お金の話なんだけど…」と神妙な面持ちでお金の話をする様子が描かれています。
mitsui04.JPG
mitsui05.JPG



▼▼▼その深すぎる三井住友カード新CMをご覧ください!

出典:三井住友カード公式チャンネル TVCM │ 「Thinking Man」篇 第1話(60秒)


スポンサーリンク






いかがでしたか?


いや~、これはちょっと考えさせられますね~!

mitsui09.JPG



Thinking Manとして小栗旬さんが語るお金の話が大変興味深い内容でした。
mitsui10.JPG



特に現金は安心だってみんなが言うが、実際はとても不確実な物という話が個人的に面白かったですね。
mitsui12.JPG
mitsui13.JPG


昨今では電子マネーなどキャッシュレス化が進んできている日本ですが、海外に比べるとまだまだ遅れていると言われています。


特に我々のような古い世代からすれば昔は現金しかなかったわけで、それが今後、完全にキャッシュレス化するとなると、どこか不安な気持ちを覚えるのは当然かもしれません。


キャッシュレスは便利な反面、現金に慣れ親しんだ世代からすると完全になくなってしまうのは寂しい気もしますね。
mitsui14.JPG


CMの中で小栗旬さんが語っていた「とても不確実な物に、僕たちはとらわれているのかも」というのはその通りなのかもしれません。


脱税やマネーロンダリングの防止からすれば、出所や流れが終える電子マネーやキャッシュレスは良い施策ではあるのですが、電子化に頼りすぎる反面、障害が起こった時の不安やら使い過ぎて浪費がちになるなどのデメリットも叫ばれています。


三井住友カードでは、「Have a good Cashless.」をキャッチコピーとして、”現金ではなく、キャッシュレスを持ち歩く。”ことで心が自由になることを謳っています。
mitsui16.JPG


お店などで商品の購入前に財布の中の現金を確認する、という行為は誰しも経験があると思いますが、ネットで残高をチェックすることもできるわけですし、あながちキャッシュレス化が浪費につながるとは言えないと思います。

便利なサービスは世の中に出て来ていますが、個人がどう使うか?という話で結局は使い方次第だと思いますけどね。


ちなみに海外のチップとかはどうするんだろう?と疑問に思って調べてみたら、最近では電子マネーやクレジットカードでもチップの支払いができるんですね!

方法はいくつかあるようですが、会計時にチップを上乗せしたり、タッチパネルのボタンでチップを追加したり、キャッシュレスにも対応してきているようです。

反面、まだまだ店員さんに直接手渡しやホテルのベッドに置いておいておく、などもあるようですので、完全ではないようです。

最終的にはバランスが重要といったところでしょうか。
mitsui17.JPG


というわけで、三井住友カード新CMのお金の話でしたが、みなさまどう思われましたでしょうか?


スポンサーリンク



P.S.
どうでもいいですが、この三井住友カードCMの友人役の松尾諭さんはハマり役ですよね。

小栗旬さんとのやり取りを見ててそう思いました。

今回が第1話とあるので、次回作にも期待したいですね。



▼こちらは三井住友カードCMのメイキング映像です。

出典:三井住友カード公式チャンネル 「Thinking Man」篇 making


スポンサーリンク


人気記事





nice!(17)  コメント(2) 
共通テーマ:テレビ
So-net無料ブログ作成